子供でも買える印鑑

認印イメージ

私は子供のころ、印鑑の認印は子供がみだりに使ってはならないような高価で貴重なものだと思っていました。
印鑑は、いつも両親が大事に保管していたし、その印鑑も大きくて立派なもので、自分の苗字とは思えないような特別な字体になっているので、きっとすごく価値のある大切なものなのだろうと思ったのです。

事実、印鑑は銀行で自分自身を証明するときに必要なものですから、確かに大切なものではあったわけですが、私は、印鑑そのものも、時間をかけて職人の手で作られた高価なものなのだろうと勝手に思っていました。

ですから、親の印鑑に触りたいのも我慢していたし、判をつかなければならないプリントなどを学校で渡されたときには、きちんと両親に渡して、両親に判を押してもらっていました。

【銀行印が必要とするみなさんへ】

銀行印は銀行へ登録する金銭関係に最も重要な印鑑です。実印や認め印とは分けて使いましょう。銀行への貯金などに使用します。認め印等と区別しやすいように銀行印は縦彫りと横彫り(右から左へ)があります。

とにかく、印鑑に対して自分の手の届かないものだという意識はもっていたのです。
そんなあるとき、買い物のために百均を訪れた私は、愕然としました。

あの、高価で貴重であるはずの印鑑が、ずらりと並んでいたからです。
確かに、両親の印鑑よりは字体も普通で安っぽくはありますが、それでも印鑑には変わりありません。

買おうと思えば、子供でも簡単に買えてしまう値段です。
もう、わざわざ両親に判を頼むこともありません。

あの印鑑が、こんなふうに百均に並べられているなんて、と当時の私にはかなりの衝撃だったことを覚えています。
そのとき、私の中の印鑑に対するイメージは見事に崩れてしまったのでした。

~ 人気のWEBショップ情報 ~

<こだわりで選べる>スピード名刺

オリジナルマークやロゴ入りの名刺やショップカードを簡単に作成でる「データ入稿名刺」。
Adobe Illustratorの熟練者およびプロの方向けの注文方法です。
カラーをより忠実に再現できるのでこだわりの一枚をお考えの方にお勧めです。

年間14万件以上の出荷実績を持つ【スピード名刺館】のデータ入稿名刺。
詳しくはこちらからご覧ください!

ページの先頭へ